2017-02-11

2月11日 Island Earth

Just watched Island Earth in Haiku community Center . they are going t play several times on Maui this week. Fully recommended!
Thank you Cyrus for keep coming back to Hawaii to document all those important historic events last couple years.

ずっと楽しみにしていた、製作中もクラウドファンディングで応援していたサイラスサットンの映画「Island Earth」観てきました。
できるだけニュートラルな立場を取ろうと努力してるのがわかるドキュメンタリーでありながら今ハワイでどんなことが起こっているのか、そしてハワイだけでなく世界でどんなことを考えていかなくてはならないのかをわかりやすく、そして心にズドンと落とし込んでくれる映画。
 (映画を製作したサイラスサットン、元はプロサーファーでサーフフィルムを作ったりスタイリッシュなロングボードやヨガを取り入れたライフスタイルなどで知られている。今回は150箇所を回るツアーをするとか、とにかく多くの人に何が起こっているか知ってもらいたい、その強い気持ちで動いている)
ハワイではこんなことが起きているとみんなが気付いたときにはときすでに遅しというくらいモンサントをはじめとするケミカル大会社が好き放題やっていたけど、これは絶対日本でも起こってるはず。みんなが気づくほど表面に出てくる頃には遅い、今マウイは草の根運動でものすごくたくさんの人が頑張ってくれている、それも何年もかけて。それでもなかなか変わらないから日本が同じ道に行かずにすむようにたくさんの人にこの映画を見て欲しいと思います。
2年前のマーチのときもサイラス破マウイに来て撮影していた。
プロサーファーでワールドツアーも回っていたダスティンバーカはあまりのカウアイの政治の腐敗と子供達の健康が心配で市長に立候補、残念ながら落選は下が、彼のおかげで多くの若者が食べ物や政治について考えるようになった。
この映画、マウイでももっともっと多くの人に見てもらいたい、正直言って見に来ていたのはデモやマーチ、そしていろんな政治的な活動で頑張っている人やオーガニックファーマー、すでにかなり問題意識を持っている人で見たことがある人が多かった。でも映画としてもとても綺麗な映像だし、心がすーっとする敵意や強い主張よりも個人の葛藤や悩み、複雑な思いなどにフィーチャーしているとてもパーソナルな映画だと思うので、サーファーたちや若者にも是非見て欲しいなあ。

映画の中に、そしてその後の質問会でも心に残る言葉はたくさんあった。
いつかゆっくり書きたいと思うけどひとつだけ。
ハワイの言葉でWaiは水を意味する。そして、waiwaiはリッチ、富んでいるということ。つまり水があれば植物、食べ物を育てることができ、それが海に流れるとそこの魚が集まる。そして食物があればそれをみんなにあげることができるという豊かさが生まれる。
昔のハワイでは「豊か、リッチ」という概念はどれだけ多くを人に分け与えることができるか、出会ったのだ。水が豊かさの原点であると同時に、豊かというのはどれだけ持っているかではなく、どれだけ人に与えることができるか、なのだということにはッとさせられた。そしてそれこそ私たち一人一人が持つべき豊かさの概念だなあと思った。なかなか概念を変えることは難しいけれど、まずは自分から。

2017-02-10

2月10日 強風のコナウインド

朝からコナウインド。腰の痛みは少し良くなってきたけどコンディションが良くないと安心して体を休めることができるのでちょっとホッとする。

家で原稿を書いたり、片付けをしたり、3月に日本に帰るときのスケジュールや準備を考えたり。
たまには体を使わず休ませたあげるのも大事。野球とかテニスなど毎回同じコンディションでやれるものならいつ休んで、いつトレーニングするなど事前に決められるけど海の場合いいときに出ないで体を休めたらいざやろうという日に波がないかもしれないし、やれるときにやっとかないと、という気持ちがあって、コンディションのいい日が続くと結局なかなか休めずに乗り続けてしまう。そしてその分必要なトレーニングやストレッチを怠ってでも海に入ってしまったり。若い頃はそれでもなんとかなったけど最近は本当に体を大事にしてあげないとすぐ根をあげてそっぽ向かれてしま氏、思うように動いてくれない。自分を体をなだめ、よいしょしたり、おべっか使ったりしながら動いてもらってる感じだ。

でも海に行けないとやりたいと思いながらできてなかったことができたりするのでそれもいい。
サーフィンの後ビーチに散らばっていたプラスチックの細かいクズ、こういうのを亀や魚や鳥がたくさん食べて肢体の胃の中にたくさんたまっているという記事を読んだ。悲しくなるような量が胃の中に詰まっていてそれで死んでしまったのだろうと思えるものも多々あった。クジラもそう。このプラスチック色合いが綺麗でモザイクにしたらいいんじゃないかなって前から思っていた。やっと昨日それで小さい作品を作ってみた。亀さんにこんなものを食べさせたくない、海にこんなものがたくさん浮かんでいる状態であってほしくないという思いを込めて亀のモチーフに。
そしてこちらは今週のマウイタイム、ペイジのインタビューがカバーストーリーになっていた。ペイジほどマウイでリスペクトされ、愛されているサーファーはいないと思う。なかなかスポンサーはつかないし今でもパイアフィッシュマーケットで働きながボードリペアの仕事をして生活している彼女。でも実力では世界一のビッグウエイブサーファーだと思う。頑張れペイジ!

2017-02-09

2月9日 Go Foil Fever!

今日も朝はグラッシー波もサイズダウンで普段だったらホキパ方面に行くところだが、昨日ジムで頑張りすぎて背中の筋を痛めたので、私はお休み。気持ちよさそうだしいい練習になるコンディションなのに残念。
今日はコギトレお休みだとコナーから言われ、いそいそとフォイルで出てくるともの顔はニッコニコ。もっくんが友の道具をちょと借りて教えてもらうことになったので、私も気になって、ついつい見に来てしまった。そしてただ立って写真撮るだけならいいかな、と思わず出艇。
ミスターゴーフォイルも勿論朝から出勤、本当にいつ仕事しているのかっていうくらい毎日朝も午後も乗っていて、本当に楽しそう。夢中になってるときが一番うまくなるときだからなあ。

元々彼はトウインでもフォイルをやったことはあるだろうし、カイトのフォイルではレースシーンで会長さんとかやっていたくらいでフォイルのレースの第一人者。カイトのフォイルをデザインしていたことからカイたちがサップ出やり始めたときすぐに相談を受け始め、サップやサーフボードフォイルを開発始めたのだ。
最近の人は知らないかもしれないけどまたウインドにウエイブライディングが存在しない頃からフロリダのレーサーとして弟と一緒にハワイに渡ってきて、ウインドでもずっとウエイブもレースも選手として活躍、トウインでジョーズも攻めてたし、カイトでも未だにレインズやホキパでビッグウエイブの日に目立っている。カイトのコンテストなどでも彼がコンテストディレクターだとみんなが彼の言うことを聞くし、選手としても一流なのでまっとうな決断をしてくれるからみんなに信頼されていた。人気スターでもワールドチャンピオンとして知られているわけでもないかもしれないがどのスポーツでもトップレベルでその上人間的にも男らしく裏表のないみんなに信頼されている人なので今回おゴーフォイルで急に忙しくなったことも、周りは「やっとアレックスがいい思いをできる版になった」と心から喜んでいる。お金を稼ぐようになってねたまれるより、こういう楓にみんなに祝福され応援されるのは、今までの彼の行いによるもの、だと実感する。

共にくっついてトレーニングを頑張っている中学生のけいくん。
住んでいるところではウエイブはあまり練習できないのでラッキー。
とももけいくんも今シーズンに向けて活躍を期待したい。

さて私は写真を撮るだけ、と思って沖まで行ったけどやっぱり痛くてうまくこげないし、転んでまた板の上に立つのもしんどいのでここでさらに悪くするより安静にしていようとおとなしく家に帰った。私とすれ違いでもとはしくんが出てきたが、その後結構フォイルに渡来し、最後には3秒くらい浮き上がって走ったらしい、、いいなあ。私もジムで無利子なければ今日トライできたのになあ。そういうつめが甘いところが私なんだよなってボソッと独り言言ったら隣で聞いてたじゅんくんが、「つめが甘いんじゃなくてつめすぎなんじゃないですか?」と痛いところをついてきた。たしかに。
自分の体と気持ちのバランス、コントロールができるようにならないとなあ。

昨日だけで20個マウイ島にフォイルが増え、みんな乗りたくてボードを探したり、ボードを改良するためにタトルボックス(フォイルを取り付けるためのボックス)をつけてもらうと躍起になってるが、タトルボックスまで売り切れ、やりたくてなんとかしてできないかといろんなところに電話したりしている様子は薬が切れた麻薬中毒患者みたい笑 
という私も入荷した途端買った一人なんだけど。でも板は3月くらいまでできてこなさそうなのであまり焦らずに行こう。



2017-02-08

2月8日 ゴーフォイルマウイに入荷!

早朝海をチェックすると乗れないわけではないけれどオンショアでイマイチ。ハーバーではできるけど他は波も大きくてジャンクなのでハーバーが混みそうだったのでジムに行くことにした。ここのところフォイルフィーバーで自分も足腰をしっかり鍛えたいという気持ちでノリノリだったのでジムでもちょっと頑張りすぎたかな。苦手なバランストレーニングで片足で不安定なクッションの上に立ったまま無理に腰を曲げて床にあるものを右から左で移動させたりする動きの途中で、わき腹がつりそうになり、慌てたが、それからずっとわき腹の筋肉に違和感が残ってしまった。そしてしばらく経つと裏側の腰の方にまで痛みが出てきた。
結局お昼過ぎにハーバーを見に入ったものの腰がいたので海には入れず、これからずっと波がありそうなのに、これはまずいと急いで整体のあるびん先生のところに電話し、見てもらったけど体のありとあらゆるところを直してくれたけどそのわき腹は治らず、、その後家に戻ってあっためたり電気かけたり、霊気してみたり、祈ったり、、笑
まあ、痛すぎて動けないほどではないので1日2日安静にしていればすぐ復帰できるだろう。

(これがゴーフォイルの乗せ方?)
そしてなんとみんなが待ちに待っていたゴーフォイルが入荷してきたハイテックで20個。すでに予約で1名が名前をリストに書いていたとはいえ、私も知り合いに連絡し、急いで買いに行くようにけしかけ、勢いに乗せられて慌てて買った何人かもいる。結局1日が終わる前にその20個のフォイル全て売れちゃった、はっきり言って安いものではない、今日はハイテックも大満足だったのでは?
私もゴーフォイルの方に直接オーダーを入れていたが、待ちきれないのでハイテックで購入することに!今日1日で日本人が4人購入かな。
まだボードがないのでしばらくは眺めているだけになってしまうがイメトレしておこう。



今日はクアトロに行ってリーバイとキースのインタビューなどをやってきた、リーバイのこともキースのことも彼らがマウイに来たばかりの頃からよく知っているので活躍していたり、新しいプロジェクトを手がけて頑張ってる話を聞くとワクワクしてくる。リーバイは今月末から3週間ほど日本に行く予定。波もいいこの時期にそんなに長く行くほど、彼がワクワク楽しみにしているこのプロジェクトの内容、お楽しみに!

2017-02-07

2月7日 貸切ボーンヤーズ

朝風がなくとても良さそうだったのだが何故かイマイチモチベーションが上がらず、仕事が溜まっていて気になってるからかな?夢でも自分がいい加減なせいでアタオタするような夢を見たからとりあえず早朝は仕事をした。

お昼前にともとけいくんと合流。ともがやっとフォイルを手に入れ、時間ができたので一緒に海に出た。風はオン所が吹き始めていたけれどそれでも十分たのしかった。ボーンヤーズはほとんどいつも誰もいないけれど、今日も3人で貸切。
人を気にせず有り余る波を乗りまくったが、私時計くんは普通のボードだったのでちょっとパワー不足。それでも十分たのしかったけどともは1度テイクオフすると見えなくなるまで乗って行ってしまう。そしてニコニコ顔で戻ってくる・それをなん度も繰り返されてこっちはだんだん悔しくなってくる。

でもとももあそこまで上手くなるまでに一人で一生懸命一ヶ月2ヶ月毎日練習していたのだろうなあ。
早く練習始めたいなあ。

いい写真がいっぱい取れて自分が乗ることより撮ってる方が楽しいくらいだった。













2017-02-06

2月6日 コナウインド

家出た途端にこれ!もうこれだけでこの一週間が素晴らしいものになる確信が持てる。

今日もコナウインド、なので海はお休み。久々に二日連続で体を休めることができて気分もリフレッシュできた、というか二日もやらないと、体がまたウズウズしてくる。
(クアトロ行く道あちこちで虹に遭遇、その度に車停めて写真を撮ってたからなかなか目的地までたどり着かない)

朝からクアトロでこうちゃんのお手伝い。今年のクアトロボードのラインナップや良いところなどいろいろ聞く。毎年このミーティングのお手伝いをさせてもらっているが彼らはみんなとってもいいやつなので心から応援しているし、どんどん会社が成長している様子を見るのも楽しい。こうちゃんも私がウインドを始めた時からの先輩。今でも変わらずビッグウエイブを攻めている姿勢は本当にかっこいいと思う。

クアトロの後はジミールイスのところを訪問、カスタムのフォイルボードを2本作っていた。最近フォイルを頼まれて忙しくて仕方ないらしい。作る気は無かったのに息子のマーロンがやり始めてプロダクションのモールドも作り、プロダクションも春にはできるとか。楽しみだ。

その後ジムへ。
自分の弱い部分を徹底してやってくれるようなプログラムだったのでとっても気持ち良くできた。二日海を休んだからか体の調子もいい。津村さんも一緒で、終わった後から何がほぐれて軽くなったと大喜びしていた。

さあ、今週も頑張っていこう。

2月5日 爆風スーパーボールサンデー

予報通り朝からコナウインド。かなり強くてごうごうと風の音がしている。ずっと休みなしで海に入っていたので、実はちょとホッとしたりして。でもこういう日でも練習しようと思えばできることはいくらでもある。キヘイ側に行けばカイトできる。足腰のトレーニングにハイクに行くこともいい、なかなかいけてないヨガクラスも今日はある。でも心の弱い私はサボりぐせが出て、今日は仕事もたまっているし体を休めるのだ、と言い訳をするように、何もやらずじまい。
午前中こぎ練を終えて休んでいたともとけいくんに会いに行った。
パナマでトレーニングのはずが急遽マウイに変更となったトモとけいくん。コナーの特訓にくっついて頑張ってるようです。まういの何がいいってどんな分野でも世界的なレベルの選手は普通に一生懸命練習しているのを間近で見ることができ流こと、そして結果には血のにじむような努力や強い精神力がしっかりバックアップされているのだということを見せつけられる。結局練習しなくちゃ始まらない。でもすごい練習をし絵いる人が周りにいなかったら、自分がやってることが十分だと思ってしまうかもしれない。きついけどそれでもなんとかワールドチャンピオンに食らいついて頑張ってる二人、その結果は今じゃなくてもうちょっと後で必ず出てくると思う。けいくん15歳、トモ30代後半。でも年齢なんて言い訳にしないで同じスピードで漕げなくても必ず練習をさぼらずに来ることでコナーに認められ、いつも誘われるようになっている。やる気と諦めないこと、そこが一番大事なところなんじゃないかな?

私もできるだけだらけずに、かといって無理して体を壊さないよう、しっかり自分で自分のペースを把握して妥協のない毎日を送らなくては。

これから2、3日はコナウインドが続きそうなのでトレーニングしたり用事を済ませたりばんばん仕事をやっつけてしまおう。

今日はスーパーボールサンデーという年に一度のフットボールでは一番重要な試合がある日。アメリカでは多くの人がこれを見るために家にこもるので午後道路はガラガラ。本当はこの日に海がいいと人がいなくて最高なのだが、ここ3、4年残念ながらスーパーボールサンデーの日のコンディションはジャンクが続いている。
今日もブローで60ノット(30メートル)も出ていた。台風並み!停電とか大木が折れたりしないといいけど。

2017-02-04

2月4日 Good times with good friends

デイブの教科書的フォームフォイルでは前足に体重をかける。だからなのかライディングを見ているとスノーボードにすごく似ている気がする。
昨日よりちょっとサイズダウン、どこに行こうか悩んだけれど結局彼らと一緒にパドルアウト、何より彼らのストークぶりが伝染し、一緒に乗ってると楽しくて仕方がないのだ。今日は総勢10人くらいだったけれど、フォイルの人たちはいったん乗ったら延々と遠くまで乗っていくのでなかなか戻ってこないからラインナップが混雑することがない。セットがなかなか来ないにもかかわらず全くイライラせずに誰かが乗るとみんながわーとかイエーイとか大騒ぎ。結局いいセッションっていうのは波質じゃなくて一緒に乗り仲間なんだよなーとつくづく実感できた。
  カラマ、沖から岸近くまで延々と乗っていく。
ルームメイトのランディー、私と同じく低い階級(フォイルなし)


 キャシーは元オリンピックの水泳選手でちょっと前までアメリカ記録を持っていたらしい。もうすでに50歳半ばだと思うが、足なんて普通の若い男子よりもピキピキ。いつもカナハのインサイドでみんなが取らない波を取りまくり、決死に邪魔にならず、きちんと波を取りきちんと乗る。
それだけでなくダウンウインドでも世界でもトップクラスに入るであろう実力。おそらく日本のメンズで彼女に勝てる選手は5人もいないだろう。ショートボードもロングもサーフカヌーもやっているが、とてつもなく謙虚。このポイントにはあまり来ない彼女だが、フォイル連中が気になって一緒に出てきた。今日はかなり楽しんでいたみたい。そしてフォイルをオーダーした一人でもある。フォイルがきたら一緒に練習しようと約束した。私も一緒に練習できる仲間ができて嬉しい。
あーー楽しい!とニコニコのキャシー
こちらもニコニコ。ビル・ボイヤム
 ビルはジェリー(ロペス)さんと昔からの仲良し、インドネシアの老舗的サーフキャンプGランドを発見したのは彼と彼のお兄さん。今でもウインド、サップ、ダウンウインドなどやりながらマッサージの仕事をしている。マウイで一番腕がいいマッサージ師だと思う。
一人だけ動きが違ったオースティン、デイブカラマの息子、さすが若干20歳の若手、この冬はジョーズにボディーボードで入り、ドロップをメイクした写真が出ていた。

ミスターゴーフォイル、アレックスアグエラ。お世辞も愛想笑いも一切なしだけど、裏表一切なしの100%フェアな性格。誰からも好かれ信頼され、40年以上このウオータースポーツ業界でいろんな選手としてそしてシェイパーとして活躍していたが、今回やっと彼がお金を稼げるチャンスとなったことを回りはみんな喜んでいる。
が、本人はそんなことより、乗ることが楽しくて仕方がないって感じ。
彼と話がしたい人はたくさんいるけれど日中はどこにいるのか全くわからないくらい海に入っているようだ。

ジュニア、昨日はフォイルで出ていたけど今日はレギュラーボード。でも数日間フォイルでビビりながら乗っていたせいか、今日は思い切りがいいライディング。

父と息子で一本の波をシェア。すごく素敵。このあとイアオ渓谷をバックに二人が波に乗ってる素晴らしいフレームでシャッターを押したのに、同じ波を手前で乗っていたランディーの体が邪魔して二人が見えなくなってしまった、残念

video
カラマとオースティンのライディング

video
目の前でターンしていったアレックス

今日も本当にいい1日。

夕方風が落ちたのでもう一度行こうか悩んだが、前から作りたいと思っていたリサイクルできるサップ(サランラップの代わりに使ったり、食べ物を包んで運ぶなど出来るもの)を作りたかったので工作。
そして運動した体欲する健康的な料理とスムージーもしっかりとって、シンプルかつヘルシーな午後をすごした。
今日のスムージーは自生オレンジ絞った果汁、ヨーグルト、ケール、スプリリナ、シアシード、バナナ、とローズヒップオイル。
パスタはグルテンフリーアンファーのパスタにルッコラのペストソース、マッシュルームとガーリック、レッドペッパーにブルーチーズをあえてフレッシュトマトとルッコラを添えた。気持ちよく体を動かして気分もすっきりしていると食事もいいものが食べたくなる。
今日も1日Mahalo ke  akua